和酒フェスイベント説明に引き続いては、いつも通り試したお酒のテイスティングコメントです。
205種類もありましたので、ランダムでお味見させて頂いた21種類+1

 

多酸酵母に五段仕込み、同じ蔵で秋上がり・冷おろし飲み比べなど、なかなか味わえない個性はも多く、今の日本酒の「幅」を見るにはこの上ない機会でした。

イベントの全体の様子はこちら

 

河武醸造 鉾杉

弓形穂 しずく 純米吟醸

他では使用されていない酒造好適米。フルーティーで細かい酸、キレがあり飲み心地良くスムーズです。口当たりよく、広い温度帯で使えそうです。

IMG_4788

山廃仕込 純米酒

こちらは真逆で濃醇、昔ながらのしっかりと厚みとコクのある山廃。個人的にはぬる燗以上の、高い温度でいただきたい。豚の角煮などは、特に合いそうです。

 

KH改良 多酸純米酒

多酸酵母を用いて醸した後に、2年熟成して出荷されるお酒。引き締まったハリのある酸味、そこに旨みがうまく乗って広がます。ボリュームはありますが、バランス良い仕上がり。これら冷やからぬる燗あたりで。きのこのマリネ、ホイル焼きなどと合わせてみたいお酒です。

河武醸造HP

 

中沢酒造 松みどり

純米吟醸 ひやおろし

まろやかさ、ほんの少し若さ、青さが混じります。米のフレッシュ感を後口に感じることができます。もう少し瓶貯蔵して楽しむことも出来ると思います。

IMG_4880

純米吟醸 秋上がり

深みクリスピーさがあり、焼物や煮物にあいそうな食中酒向き。これもまたキノコに合いそうです 。個人的にはこちらが好みですが、人気を二分しそう。

中沢酒造HP

 

川鶴酒造 川鶴

純米

まろやかで艶やか、しっとりとした中にじわりと旨味を感じます。冷で飲んでいるのに、時間がたつと余韻に燗酒のような香味が鼻腔に抜けていき、不思議なお酒です。ブースの方も、体温に近づくと酸の上がり方が変わる特徴指摘されてました。

特別純米

つるりとした円さ、艶やかさが、細やかな旨味とともに広がります。ひと口で「飲み続けたくなる衝動」に駆られる引力のあるお酒。やはり食事なら前半に持ってくるのがお勧めです。

川鶴酒造HP

 

六歌仙 六歌仙 / 山法師

山法師 純米大吟醸

艶やかで伸びがあり、すっきりまろやかさを感じます。特に透明感があり伸びがあり、雑味なく、細やかでスッキリ、優しい甘みがあります。山形の王道タイプのお酒といえそうです。

IMG_4882

山法師 蔵の隠し酒 純米吟醸 ひやおろし

すっきりとして辛口で引き締まっています。酸はやや細く伸びあり。素材を生かし、味付けの濃くない和食にも、寄り添うことができるお酒です。

 

六歌仙 五段仕込

福島のロ万など、昨今4段仕込みのものが散見されますが、これはさらにもう1段米を加えたもの。その分モチモチとして丸くふっくら、米のエキスを存分に感じ、非常にハリとふくらみのあるお酒です。日本酒の底知れぬ可能性を感じることができるお酒です。

六歌仙HP

 

千代の亀酒造 千代の亀

ひやおろし 純米吟醸

艶やかでフレッシュ、フルーティーで、ほのかな酸味と透明感があり、ややワインっぽいイメージもあります。口当たりは細かく、旨味も広がるので幅広く使えそうな一本です。

IMG_4911

特別純米 橙

こちらは引き締まった旨味、キレと、中心のエキスに力強さを感じます。飯米ならではのコシヒカリの幅の広さも感じます。かなり温度を上げた熱燗でも楽しめそうです。

千代の亀酒造

 

河津酒造 花雪

純米吟醸 七歩蛇

低温発酵で醸したお酒。透明感と穏やかながらフルーティーさがあり、雑味なくするりと飲めるお酒。淡白なお造りの邪魔もしない。懐石などにも、もってこいの酒。名前の由来は六歩目までしか立っていられず、飲み過ぎてしまう、というところからきているそう。

IMG_4919

純米吟醸 袋しぼり

繊細で口当たり良く、非常に細やかでリッチな旨味があります。まろやかさ、ほのかな甘みを感じます。肩の力が抜け、贅沢な気分になれるような酒質です。

河津酒造HP

 

 

光武酒造場 光武

純米吟醸ひやおろし

口当たりまろやかで、柔らかい旨味、米感が適度にあり、懐の深いお酒。食べたくなったのは、なぜか揚げ出し豆腐や肉豆腐。出汁をきかせた和食が良いのでしょうか。おでんなどにも合いそうです。

小さい秋みつたけ

よく見ないと気づかないエスプリの効いたネーミング、(誤植ではありません)。秋上がりではないが、秋酒。非常に透明感がありさらりとして飲みやすい。まさに日本酒初心者にも受け入れられるパッケージと味わい。ロックで爽やかに飲んでも良さそうですし、冷やするりと飲むのが良さそうです。

光武酒造場HP

 

鍋店 不動

試験販売 山廃純米原酒

ごく少量の試験販売だそうで、ひきしまった旨み、力強さと適度な荒さがお酒に立体感を与えています。「ボンベイバザー」さんがし出していた、蒟蒻モツ煮込みがこの上なく美味しくなるお酒でした。お燗にしておけば、さらにうまみが広がったことでしょう。

鍋店HP

先日の千葉の酒での他の「不動」

 

 

 

井上酒造 箱根山

純米吟醸

とても落ち着いた、穏やかで飲みやすいお酒。さらっと入り、引っ掛かることなく流れていきます。派手さはありませんが、こういうものほど食事を引き立て、飲み飽きしません。

井上酒造HP

 

仙醸 黒松仙醸

純米吟醸 金紋錦

華やかで丸みあり、穏やかで心地の良い甘みを感じます。細やかな酸がはつらつとした印象を与えます。穏やかなフルーティーさがあり、より洋食に合わせやすいスタイルです。レモンや柚子を絞るような揚げ物にもとても良いでしょう。

仙醸HP

IMG_4884

土佐酒造 桂月

スパークリング 匠 John

はつらつとして華やかさがあります。とても飲みやすく、辛み、酸味などのバランスも非常によく取れており、洋食、和食、スターターとして幅広く活躍しそうです。

吟の夢 純米大吟醸

するりと入り、ほのかな甘み、しかしすっきりとしてベタつかず、余韻まできれいに流れていきます。口当たり良く、ついつい飲み過ぎてしまいそうです。これは冷酒か、せいぜい冷や(常温)位で楽しんだ方が良いでしょう。

土佐酒造HP

 

美吉野醸造 花巴

水酛 純米酒(熱燗)

鮮烈で太い酸、濃醇でたくましい酒質。日本酒を飲んでいるという実感溢れる、そしてなぜか癖になる一杯。チーズ、味噌、どのような発酵食品が合うか、細かく調べる必要がありそうです。

美吉野醸造HP

 

(番外編)

梅乃宿酒造 梅乃宿

風花 純米大吟醸

今回はいただけなかったのですが、春のオアシスでとても気に入った大好きなお酒です。透明感がありしっとり伸びがあり、雑味がほとんどありません。細やかな旨味があり、華やか、かつ軽やか。いわゆる日本酒嫌いにも勧めやすい一本です。

梅乃宿酒造HP

広告