当winelive.net恒例の催事お奨めレポート。

この日は、他イベントでもたまたま甘みが強いけど、やっぱり美味い!というワイン・日本酒が散見され、甘口を敬遠するもったいない人が多い中、この様なタイトルにしました。

さて順不同、さっそくご紹しましょう。

 

ツィント フンブレヒト ピノ グリ ロッシュ カリケール

IMG_4387

「石灰岩」という名前がついた白。じわっと旨味、熟したオレンジのような充実感、メリハリのある酸とともに、ふくらみのある酒質、充実したう旨味を感じます。ボディから余韻まで流れる様に、繊細に、心地よく流れます。

担当の信頼置ける販売員の方によると、「山椒」を使った料理に合わせて欲しい、とのこと。

 

 

マス ド ドマ ガサック マス ド ドマ ガサック ブラン 2016

IMG_4382

シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、シュナンブランなどの貴腐化したブドウと全21種類の葡萄品種を用いる稀有なブレンドのワイン。オレンジ、バナナ、洋梨など複雑な果実味、そのフレーバー味わいには、ほのかな甘いタッチにハチミツや、細やかな酸、熟した旨みが散りばめられています。

開けて3日目のものは、ナッツ、オリーブのような風味やグレープフルーツの皮の苦味まで、より円熟味を増していました。少し値は張りますがその価値があるワインです。

(4/15朝の時点で残り一本でした。売り切れの際は同社の3000円台の赤もお奨めです。)

 

 

ファビアン コシュ ブルゴーニュ アリゴテ 2015

IMG_4385

透明感があり、熟したりんご、梨、蜜っぽい風味を中心に透明感があり、すっきりしたタッチの風味。やや硬さを感じつつ、後半ぐっとミネラルが広がり、塩っぽさが残ります。

アリゴテはやせた青っぽいものが多いですが、これは熟した黄色のタッチがあります。

 

 

シャトー デュクリュ ボカイユ オルトヴィ 2010

IMG_4386

少し青みは残っているものの、ボルドーらしい品の良さ、華やかさ、こなれた旨みを持ちます。良年VTで熟成感も出始めたところ。まだ数年寝かせられます。
 

ローリー ガスマン ゲヴェルツトラミネール

IMG_4392

ジンジャーの風味にプラスして、しっかりと甘い浜旨みを感じるボリュームのある味わい。フォアグラや青カビのチーズなどと合わせれば至福。辛口好きの方、またはメタボになることを気にしていては飲めない甘旨ワイン。たっぷりとして華やかです

 

 

アンドレボノーム ヴィレクレッセ

IMG_4393

樹齢60年以上の葡萄モチーフ新樽率も15パーセントと低めに抑えている。塩味、ドライで後味に軽い苦味も感じる。グレープフルーツの皮のような柑橘の風味。塩味の焼き鳥などに合うでしょう。

 

 

レアンドル シュヴァリエ ブラン ノワール ヴァン ド フランス

カベルネ・ソーヴィニヨンの白100パーセント。塩レモンやライムオレンジといった柑橘類を中心に、複合的な要素がたくさん詰まった、他に類を見ない白ワイン。グラマラスなボリュームこそありませんが、透明感のある酒質にエキスと、若干霞みがかった様な黒ブドウの風味がアクセントになるなど、赤ワインのタッチも見え隠れします。

 

 

トロ ボー アロース コルトン 2014

IMG_4390

しっとりとした果実味、透明感に、パリッとしたわずかな樽香がアクセントとなります。薄くても旨みが出せるというピノノワールのお手本も1つといえるワインです。そろそろ開いてきて今後が楽しみなVTでもあります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

最新情報のお知らせは下記ページでいいね!をお願いいたします。

WineLive.net FaceBookページ

https://www.facebook.com/winelive.net/

 

WineLive.net Instagramページ

https://www.instagram.com/winelivenet/

 

———————————————————————

ポータルサイト

www.winelive.net

広告