10月30日、「日本版ワイン法」と言われる表示基準(*)が適用開始となりました。

実質、ワインの製造表示基準が定まっていなかった中、歴史的な改正とも言われています。

改正点のうち、消費者に関わる要点は主に3つ

①「日本ワイン」と呼べるのは、国内産原料(ブドウ)を使って国内醸造したものだけ

②産地(収穫地、醸造地)、品種、VTを表記するには、その内容を85%以上含む

③収穫地、醸造地の違いは明確にする

です。③を補足すると

川崎市で獲れたブドウを使って茅ヶ崎で醸造した場合、「カワサキワイン」又は「茅ヶ崎醸造ワイン」とは名乗り得るが、「茅ヶ崎ワイン」「カワサキ産ワイン」という表記はグレーになる。
(*)法ではない、あくまで基準なので、罰則はないが指導が入る。

 

カーニバルさんで行われた日本ワインのみの無料10種類も含む一般消費者向け試飲会。これは11月24日に行われる「Life with Wine」の告知も含めたもので、日本ワイン維新、又は日本ワイン元年とも言える今年、こういったイベントも含めて、ますます日本ワインの注目度が増すでしょう。


カーニバルの高橋店長がおっしゃっていたこともまさにそれ。

「日本のブドウで造ったものは”日本ワイン”として差別化することにより、高品質なものを安心して飲めるようになる。そして日本人が日本のワインを飲むことこそが、本当の価値になる。」

 

飲み手が増え、飲む習慣が定着し、日本ワインのシェアがもう少し増えていくこと。

そうすれば、日本ワインも歴史をつむぎ、文化として安泰になるでしょう。

 
さてこの日出されていた無料試飲10種類のうち、オススメの造り手を中心に、以下テイスティングコメントとともにご紹介しましょう。

 

1.ベルウッド ヴィンヤード  デラペティ
キレがあり、ぱっつり、メリハリのある果実味。グレープフルーツの皮のようなフレーバー。魚介の鍋に合わせるなり、暑い日に飲むのに向くパンチのある酸。

IMG_6105

2.ヒトミワイナリー ナイブラン
色づきが鮮烈な黄色で驚くほど。ナイヤガラの特有の種のような香りがそのまま出ている。見た目に対して味わいはクセなくすっきりとし、さっぱりと飲めるスタイル。

4.ダイヤモンド酒造 アマリージョ
ごく軽い酸とすっきり、さっぱりとした味わい。ドライで、甲殻類を彷彿とさせる香ばしいフレーバーがある。

IMG_6107
5.塩山洋酒 SALZ BERG 甲州
果実味ややゆるめで、僅かに香ばしさがある。グレープフルーツのジュースの様な瑞々しさとさっぱり軽めの酸。クセなく全体的にまとまっている。

 
6.ダイヤモンド酒造 ロサード
アセロラのような香味。寿司のガリ(生姜)のようなフレーバーもある。口当たりの風味は僅かに甘く、華やかなフレーバーながら、味わいはもたつかず、小気味よく飲める。

8.Cuvee Ohno マスカットベーリーA
古樽の、熟成感にも似た複雑味と、少し厚みがある。酸が伸び、エキスの感じも軽く出ている。余韻の味のつまった感じがくせになる、不思議な魅力がある。

IMG_6104

9.カーヴドッチ Milieu Rouge
酸がビビットで(はっきりとして)、フルーティーな口当たり。ボディーには透明感があり、果実味ののり方もバランスよく、さっくりと飲める。

10.塩山洋酒 ジャパニーズブレンド
リリース直後ということもあり、樽が少し勝ち、香味を支配している状態。があるが甘みと粉っぽさが残る。数ヶ月おけば徐々に緩和されるはず。果実味の深みとコク、まろやかさがある。

 

Life with Wineにも、ご都合う方は是非ご参加ください。

https://love-wine.jp/wineevent/tokyo/life-with-wine/

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

最新情報のお知らせは下記ページでいいね!をお願いいたします。
WineLive.net FaceBookページ
https://www.facebook.com/winelive.net/

WineLive.net Instagramページ
https://www.instagram.com/winelivenet/

主催イベントスケジュール、チケット購入はこちら”Peatix”
https://sakewinelive.peatix.com/

———————–
ポータルサイト
www.winelive.net

広告