富山の酒
富山県は新潟県と石川県に挟まれて、南は長野県と、いわゆる誰でも知っている酒処に囲まれていて、日本酒の産地としては、少し影が薄いと思われがちではないでしょうか?

近年、羽根屋さんの評価が高く、都内でも見かけることが多いですが、「富山の酒はこうでないといけない」というイメージがないこともあり、他にも自由できらりと光る個性を持った酒蔵を見つけることができました。
個性的なお酒を除いては、全般的にはクセがなくするりと飲みやすい、軽快なお酒が多め。
個性派では以下最初にあげた三蔵が好印象でした。

 

 

成政酒造 <成政> 

右の写真の「魂を醸す」をはじめとして、冷やだと固いけど、燗上がりする酒や熟成酒を仕込まれている。味のノリ、深み、飲むと魅力に取り付かれる人が多いのも頷けるし、それをこの価格で買えるとは。覚えておいて損はありません。
山廃仕込 純米吟醸
冷や(常温)だとわずかな青さすっきりハーブの風味、硬さが残る。
燗でほっこりする酒質に変わるが、心地よい硬さが残る。典型的な燗上がりの酒。

魂を醸す 玉栄
熟成酒。色合いはそれほど強い黄色ではないが、ナッツやスコッチのような香ばしさ、広がりがある。

 

 

玉旭酒造 <おわら娘>

杜氏の嶋さんはユニークなキャラクターの持ち主、そしてネーミング、ラベル、中身の味もキャッチー。キレよりジューシーさを前面に出し、個人の好みは別として、他との違いを強調した、一度知ったら忘れられない存在。
ブラック 純米吟醸
フラットでモダン、ジューシーな味わい雑味なく、初心者でもサクッと飲める。ワイングラスで飲むことや洋食との相性を考えられているはず。

シルバー 純米吟醸
こちらも飲みやすく、すっきりとした中に、軽い酸と青さが細かいアクセントとなる。ホタルイカに絶対似合いそうな一本。

デスペラード 無濾過生原酒
甘み、酸がしっかりした味。分かりやすく、ビビットで旨味に広がりのある酒。

IMG_5600

酒母仕込 純米原酒 エコーズ
昨年地元でも、この日の会場でも飛ぶ様に売れたという限定品
ドイツワインのような鮮烈な酸。甘酸っぱく濃い色合い。

 

 
高澤酒造場 <曙>

写真左の純米シリーズは、細やかな味、まとまりよく、日本酒好きに受け入れられやすい味わい。初めて頂いたが大きな発見。
純米
細かい旨味と軽いキレ。穏やかで究極の食中酒。すっきりとして、これもホタルイカに合いそう。

純米吟醸とよのか
じわじわとした華やかさ、うまみ、綺麗でさっぱりとした味わい。

ひやおろし
わずかにすっきりとしており、少し鄙びたさクラシカルな風味が出る。細かい旨味が出る。ぬる燗から上の温度で本領を発揮しそう。

 

 

千代鶴酒造 <千代鶴>
純米吟醸
すっきりとした口当たり、綺麗な甘味。雑味、癖がなく、すーっと入る。非常に飲みやすいお酒。

純米
軽いけれど、苦味が少し出るのがアクセント、しかし気になるレベルではない。飲みやすく、残り香もさっぱりとして、細やかな味わい。

 

皇国晴酒造 <幻の滝>
辛口純米酒
すっきりと軽快な飲みやすい酒。さっぱりとして切れマヨイガ引き締まった切れ上がるような辛さはない。

ひやおろし
全体的にさっぱりとして、まろやかで飲みやすい。細やかな旨味や熟成感。落ち着いてコンパクトにまとめられた良酒。

 

福鶴酒造 <風の盆>
ふくく 山廃
緑っぽいアクセントがあり、さらりとして口当たりに透明感がある。 山廃らしさ、というよりは軽快で爽快な味わいに寄っている。

 

純米大吟醸 生酛
口当たりは線が細めでさっぱり。後口に、苦味、幅、旨味を持ち、酒っぽさも顔を覗かせる。

 

 

本江酒造 <北洋>
生詰
艶やかで飲みやすいが、セメダイン香が出て、それが中心、終始気になる。

 

ひやおろし
少し荒らさ、えぐみが出る。燗にするとまろやかで幅が丁度良くなる。

 

富山には「セイズファーム」というワインライジングスターの生産者ありますが、じわじわ来そうな予感もします。

最後までお読み頂きありがとうございました!

最新情報のお知らせは下記ページでいいね!をお願いいたします。
WineLive.net FaceBookページ
https://www.facebook.com/winelive.net/

WineLive.net Instagramページ
https://www.instagram.com/winelivenet/

———————–
ポータルサイト
www.winelive.net

広告