いつもお読み頂きありがとうございます、「竹林」醸造元、丸本酒造の6代目、丸本と申します。

 今回はこれまでのお話を少し整理します。

第5回でお話ししたのは「ワインと違い、日本酒の味は、原料以上に酒蔵の方針や技術に左右される」。

第6回は「酒造りの現場では、様々な用途にお米が処理され、その理想的な米の特性は異なる」。

第7回目は「米の品質は、穀物検査だけでなく、生育により、つまり田んぼごとに多くの違いが内在しているが、これらは区別されて流通しない」。

であれば、蔵人たちが気持ち良くお酒が造れるよう、用途ごとに理想的な米質に揃えて栽培してはどうでしょう。

marumotota1

 ワイナリーの畑に対するこだわりには頭の下がる思いですが、酒蔵も「穀物検査」による「等級」だけを盲信せず、圃場に向かいましょう。

農家の方では感じ得ない、”蔵人が感じ取れる”ものがあります。蔵人たちが田んぼと対話し、そのノウハウを構築すると、日本酒はもっと完成されていきます。これが蔵人による酒米栽培の本当の価値です。


 言うは易し行うは難しで、、、、でも明らかに取り巻く環境は良くなってきました。

注)穀物検査がナンセンスと言うのではありません。

 

第1回から7回の連載バックナンバーは下記よりお読み頂けます。

http://www.winelive.net/guestarticle.html

最後までお読み頂きありがとうございました!

最新情報のお知らせは下記ページでいいね!をお願いいたします。
WineLive.net FaceBookページ
https://www.facebook.com/winelive.net/

WineLive.net Instagramページ
https://www.instagram.com/winelivenet/

———————–
ポータルサイト
http://www.winelive.net

 

広告