おいしいけど、値段が高いという印象をお持ちの方も多いであろうブルネッロ。そんな中でも、比較的お手ごろに買えて、いつも期待を裏切らない、という意味では「ピアンデッロリーノ」と双璧をなすチャッチピッコロミニダラゴナ。

イタリアトスカーナ州南部のこのワイナリーから、若くてはきはき説明して下さった、とってもCarina(かわいい)ニコレッタさんによる6種のプレゼンテーションを含め、以下の3部構成で、テラヴェール輸入のイタリアワイン、美味しいところだけご紹介いたします。

チャッチピッコロミニダラゴナ、未輸入含む6種試飲

サンジョヴェーゼ9種ブラインド(目隠し飲み見比べ)でガチで印象に残った3本

それ以外、全45種類の中から秀逸だと思った9本をピックアップ

 

 

チャッチピッコロミニダラゴナ Ciacci Piccolomini d’Aragona

ロッソトスカーナRosso Toscana 2015

(数種類の品種のブレンド。)全体的に艶やかな果実味があり、飲みやすい。シンプルで明るいタッチ。

 

ロッソディモンタルチーノRosso di Montalcino 2015

陽気で気難しさのいらないワイン。チャーミングな果実味ながら、華やかで後半にかけてさらりと伸びやか。

IMG_3685
イタリアワインの名店、井の頭公園の「イタリアワイン 阿部」の阿部さんが写真に飛び入りしてくれました。らしさが出ています。

ブルネッロディモンタルチーノ Brunello di Montalcino 2012

ベースのブルネロで、すでに高い完成度感じ、アロマは複雑。ベリー、スパイス、ローストなどあらゆるものを包含。味わい深く、緻密。それでいて酸の輪郭もしっかりある。旨味、飲み応えなど、しっかりとした主張がある。

IMG_5116

ブルネッロディモンタルチーノピアンロッソ Brunello di Montalcino Piano Rosso 2012

凝縮してしっかりとした酒質。しかも熟度が高く、タンニンもひっかからないので、今飲んでも充分楽しめる。もちろん情報量が多く、複雑なので、数年後に開けたら、より甘美になることは間違いない

 

サンタンティモロッソ アテオ Sant’Antimo Rosso Ateo 2014

凝縮して飲みごたえがあるが、カベルネ特有の風味などがダイレクトで、分かりやすい。言い換えれば他にもよくある味わいの構成。

IMG_5118

サンタンティモロッソ ファヴィウス Sant’Antimo Rosso Fabivs 2014

(樹齢40年以上のシラー単体)こちらはシラー特有のスパイス感が穏やかに広がり、凝縮感も適度。味わいも深みがあるが緻密かつ複雑、土地の個性をうまく表現した一本。

 

 

サンジョヴェーゼ9種ブラインド(目隠し飲み見比べ)でガチで印象に残った3本

下の写真の様に、本気のブラインド。常に先入観なく見ているつもりですが、さらに平等評価。

フラスコレFrascole  キャンティ ルフィーナChianti Rufina 2013

伸びと赤い果実の風味がある。アクセントに黒っぽいスパイスも見られる。高い標高由来の引き締まった味わい。

IMG_5106

リヴェルナノLivernano  キャンティクラシコChianti Classico 2012

キャンティクラシコの中でもいつ飲んでも安定感ある銘柄。シルキーでとろみがあり、華やかで丸一郎親しく、ローストしたような旨味がある。

 

デイDei ロッソ ディ モンテプルチアーノRosso di Montepulciano 2016

口当たりローストしたような風味がやや気になるが、酸、赤い果実の風味が伸びやかで、端正で緻密な酒質。かつては飲むたびに変わる印象だったが、良くなっていたので驚いた。

 

 

それ以外、全45種類の中から秀逸だと思った9本をピックアップ

ヴィッラ Villa フランチャコルタブリット エモツィオーネミレジマートFranciacorta Brut Emozione Millesimato 2011

コクまろやかさがあり、じわりとした旨みが広がる。泡酒ながら練れて落ち着いた味わい。

IMG_5091

ディチャセッテウノ1701 フランチャコルタブリットFranciacorta Brut NV

りんごや梨などフルーツのフレーバー。シードルのよう、内にこもった旨味、酸の切れによるフレッシュ感。

 

パラッツォーネPalazzone  オルヴィエートクラシコ テッレヴィナーテ スーペリオーレOrvieto Classico Terre Vinate Superiore 2015

口当たりフラットでただ飲みやすい白に感じるが、良く味わうとミネラルを中心に味わいは実に細やか。醸造のお手本になりうる一本。

 

ベニート フェッラーラBenito Ferrara  グレコ ディ トゥーフォGreco di Tufo

(10年ほど前から気に入ってフォローしている銘柄。この産地=カンパーニャ内陸のポテンシャルを教えてくれた生産者でもあります。)
透明感あり、艶やかな果実味。きらめく様にちりばめられたミネラルなど、華やか、フローラルな白ワイン。あらゆるものに合いそうだが、地のものに合わせるなら、ピッツァ、鱈、アスパラということになる。

 

IMG_5095

ヴィニェーティマッサVigneti Massa  ティモラッソデルトーナTimorasso Derthona 2016

深みがありどことなくジンジャーのような辛み、旨みが複雑に絡み合う。合わせる料理によってはとても活きる可能性あり。

 

カラビオンダCa’ la la Bionda ヴァルポリチェッラ クラシコValpolicella Classico 2016

じわりと旨み、温かみがある。しっとりとしたベリーの風味があり、アタックもこなれて飲みやすい。焼いた肉に合いそう。

IMG_5086

レカニエッテLe Caniette ロッソピチェーノ ロッソベッロRosso Piceno Rosso Bello 2014

香りはおそらくこの日の中で一番良い。華やかでベリーの風味。まろやかで緻密な酸。明るく軽いタッチ、伸びやかできれい。

 

 

 

ヴィッラパピアーノVilla Papiano  サンジョヴェーゼ ディ ロマーニャスペリオーレSangiovese di Romagna Superiore 2015

やや軽く、明るい酒質。ピチピチした細かい酸に旨みがのる。鮮やかでありどこかしっとりしている。

 

グラーチGraci エトナロッソEtna Rosso 2015

アフター(後半)にかけて、とろみとジューシーさ、酸、タンニンが伸びやかに広がる。外交的で親しみやすいが、適度な密度もある。

 

マッテオコレッジャMatteo Correggia ロエロロッソRoero Rosso2013

コクと果実の集中力がしっかりと主張する一本。とろみと丸さがあり、ちゃんとタンニンがしっかりと伸びる。

IMG_5098

今までの経験と照らし合わせても、テラヴェール輸入ワインの中では

チャッチ ピッコロミニ ダラゴナ

マッテオ コレッジャ

ベニート フェッラーラ

リヴェルナノ

ヴィッラ

あたりは、いつ飲んでもレベルが高く、王者の風格、といったところですね。

————————————————————————————————

最新情報のお知らせは下記ページでいいね!をお願いいたします。

WineLive.net FaceBookページ

https://www.facebook.com/winelive.net/

 

WineLive.net Instagramページ

https://www.instagram.com/winelivenet/

 

———————————————————————

ポータルサイト

www.winelive.net

 

 

広告