職場の勉強会のご意見番として参加の勉強会、第2回

今回は白ワインを飲み比べるという企画で飲み比べたのは以下の5種類。

合わせた食材は

柚子大根・ハーブガーリッククリームチーズ・プロセスチーズ

生ハム・麻婆風茄子・鴨肉スモーク・レンコンはさみ揚げ・ポテトサラダ・かぼちゃサラダ

それぞれのワインにいくつかの食材を組合せ、相性を5段階評価(最高が5)でつけています。

 

伊 ピエモンテ州 デルテット  ロエロ アルネイス

ハーブや桃、ピンクペッパー、洋梨などのミネラル塩みが支配的。青りんごを中心とした華やかで伸びのある果実のフレーバーが中心。

柚子大根 4

ハーブガーリッククリームチーズ 5

プロセスチーズ 4

生ハム 5

やはり、洋食、イタ飯、バルフードに幅広く合いました。驚くほど意外性がなかったです。

 

日 山梨 メルシャン 甲州 岩崎

香は穏やか、その中にわずかに杉、ハッカ、和梨など繊細で、みずみずしい、青みのある香りがあります。味わいはうっすらとして透明感があり繊細。みずみずしい。

(二日後改めて飲み直したのですが、ミネラルが開いて表情が出てきました。開けたてはその表情が豊かには出ません。)

IMG_4000

柚子大根 5

レンコンはさみ揚げ 4

生ハム  2

ポテトサラダ 3

ゆず大根とは無類の相性の良さでした。それ以外だとワインが(あくまで開けたてだと)負ける印象。艶やかな分、食材を支えきれない。特に塩味ある洋食は難しい。)

 

米 カリフォルニア州 パインリッジ  シュナンブラン  ヴィオニエ

パッションフルーツやパイン、ライチやバラなどの香りが少しずつ複雑に入り交じります。

塩味を感じ、かつオイリーでとろみ、中程度に肉付きを感じます。

比較的飲みごたえ主張があるタイプ。

生ハム 4

ハーブガーリッククリームチーズ 4

かぼちゃサラダ 3

鴨肉スモーク 4

単体ではしっかり目で悪い味ではないが、食事にはどれも無難に合う分、これといった最高の組合せは見当たらず。やや飲み応えのあるワインが欲しい時に重宝。

 

仏 ラングドック ガイダ  ヴィオニエ 

ピンクペッパーやアカシアの花、少しゴムのようなこもった香りや、洋梨のフレーバーなどがあります。

グラマラスでたっぷりとした果実にアルコール感も伴い、口いっぱいにフレーバーがしっかりと広がります。

IMG_4021

鴨肉スモーク 4

レンコンはさみ揚げ 3

ポテトサラダ  4.5

プロセスチーズ 3

ボリュームある分やや大味感。味が濃ければそこそこ合うが、今度はあっさりした味付け、食材のものは負ける。ピッツァなら面白かったかも

 

伊 アルトアディジェ州 サンポール パッション ゲヴェルツトラミネール

優れた畑の葡萄から選りすぐられたワイン。色付きは非常に濃く、またライチなどの品種固有の香りに杏、キンモクセイなどゴージャスなアロマが立ちます。

味わいはやや甘みが広がる中辛口、たっぷりとした口当たりの割にはミネラルは細かく、酸は低め。フルーティーでボリュームのある味わいです。

麻婆風茄子 4

鴨肉スモーク 4

生ハム 4.5

ポテトサラダ 3

やや甘みとグラマラスさが過ぎて、茄子が意外と合わせきれなかった。もう少し時間を置いて開かせる(落ち着かせる)とより食中酒らしくなりそうです。

 

マリアージュは、やはり実際合わせてみないと、細かい本当のところは分からないものですね。

 

関連記事

第一回若手勉強会 赤編

広告