酒ワインハイブリット
この会は、生産者や輸入業者、プロモーターなど、日本酒、輸入、国産ワインの垣根を越え、いかに酒類が今後の若者と、消費の停滞する地方において、定着していくかを話し合う「飲み会」です。

今回は地方の市場についての話はほとんどできませんでしたので、日本酒とワイン業界の認識の違いと、若者の酒離れについての話し合いを少し出来た中で、出た意見や、私が感じた着想について記します。

 

A.日本酒業界ととワイン業界の壁について

*日本酒とワイン業界での用語の違い認識の違い。例えば全く同じ商品説明を指す言葉でも、日本酒では「スペック」、と呼びワインでは「テクニカル(データ)」、と呼びます。一方、日本酒においては余韻の切れが良いことが重視される部分もあり、「キレキレ」という言葉が存在しますが、ワインでは余韻の長さを重視するため「キレキレ」は通じませんし、概念としてありません。一方ワインの「土っぽい」風味は「アーシー」です。当然、アースや土の味そのものは知る人がなく、、、

違うものを評価するので、表現が違う部分は当然ありますが、普遍性を忘れて、業界以外で通じない用語を乱発しているようでは、広く浸透というのは望むべくもありません。

 

*用語に関して日本語そのものの難しさに直面している場面も。例えば商品の「テクニカル(データ)」は、英語においては、表現力に乏しい分、シンプルでパターンが少なく、誤解を招くことがありません。

しかし日本語においては同じドライでも、辛い、乾いた、切れのある、酸味のある、細い等々、表現のレパートリーが多すぎて、逆に誤解を招く可能性もあります。

そんなことを考えていた時に、会のある参加者が、食事の肉の骨?を「ガリッ」と噛み砕かれて、すごい音がしました。そこで気づいたのですが、こういう擬音語は、表現が稚拙になる部分はあるものの、ある程度多くの人に理解され、表現を明確、単純化することはできると思われるのです。

 

*日本酒の業界では、ワインのように愛好家が集まって、特定の銘柄に対して、分析、共有する場が少ない。一つ一つの商品の差別化が難しい日本酒こそ、プロが分析する場の必要性は感じられます。つまり同じ酒に対して、どの程度辛い甘い、重さ軽さを客観評価で比べ、共有、意見交換出来る機会というものが欠乏しているようにも感じられます。

IMG_2511

B.若年層への酒類の浸透について

*若年層の愛飲家がマニアック化する一方で、若年層全体に向けたイベントきっかけのを提供する場、入り口が少ない。年齢を区切った形でのイベント、催しが必要 。

 

*一部の恵まれた人は、周囲の詳しい人が飲ませてくれるので美味しいものを飲み過ぎていると思うが、知識がないので自分で選んで飲めない。

>誰もが好き嫌い無く飲めて、比較的どこでも買える、「定番エントリー商品」の選定が必要?

 

*以前に比べて若者に「もてたい」という欲求や、お酒に対する「かっこいい」というイメージがなくなって来ている。需要を喚起するキーワードとしては、かわいい、面白い、興味深い、気軽などが必要。また商品単体での提案よりは、楽しむ場やグッズと合わせた視覚的、包括的な訴求必要。また、「ジャケ買い」から一歩踏み込み、飲むシーンを画像で訴求するなど、具体的なシーンの提案が必要。

 

*以前と違って家でひとりでいても、SNS 、LINEなどでつながれるため、孤独を感じない。1人の時間に人想って飲む様な必然性がない。

IMG_2516

会で飲むものは、日本酒、ワイン問わず様々です!

この会、メンバーを固定化し、身内で集まるつもりは全くありませんので、メンバーは常に募集いたします。今と変わらず、たくさんの種類からお酒が飲める未来を守るためにも、お力、お知恵をお貸し下さい!

以下添付資料

まず、いかに全体の酒類摂取量、特に若年層のところが減っているかのデータ3つです。

sake-gyoukai-hitoriatari

 

 

最後に若年層の意識調査。「酒嫌い」ではなく、興味はあれどきっかけがない実体が浮き彫りです。

body_20150213120850_5

広告