今週から始まるゲストライターシリーズ。あらゆるタイプのプロがワイン・日本酒についての書き下ろし記事を定期的に更新していきます。

第1回目は湯島のイタリアンでオーナーソムリエをしている平野氏です。


 

今月から記事を書かせていただくことになった

元ワイン嫌いのソムリエ、平野です。

よろしくお願いします。

 

レストランでボトルのワインを注文すると、

どきどきする場面に出くわすかもしれません。

ソムリエ「テイスティングをおねがいします。」

びびりますね。

どうしたらいいでしょうか?

IMG_0895

 

 

よく分からなければ

「あ、もう注いじゃってください」

が手っ取り早くていいと思います。

テイスティングをしようかなということなら、

一口飲んで

「美味しいです、お願いします」

がスマートですね。

 

特に味の感想やコメントを言う必要はありませんし、求められてもいません。

お気軽にやってみましょう。

ちなみに・・・・

テイスティングをしてからの

「やっぱり別なワインにしてください」は

基本的にはできませんのでご注意くださいね。

楽しいワインライフを送りましょう!!

お読み頂きありがとうございました!!

文:平野 修司

 

ゲストライターのプロフィールはこちら

広告