神戸ワイナリー ベネディクシオン ルージュ 2013
一度ワイナリーに訪れたことがあり、それ以来追いかけているベネディクシオンシリーズ。そのレベルの高さに、日本ワインの発展度合いを重ねるほど、卓越した出来です。

若干ピンクがかったエッジの赤、ベリージャムの香りの他に、バルサミコや若干出汁醤油のような香りが混じります。熟れた酸がありドライ。アンズ、ベリーのジャムやスパイス、ドライフルーツなどの風味がします。時間が経つとアフターにハーブや薬草のようなニュアンスも出てきます。
古典的なスペインのリオハワインのように、少し酸化ニュアンスがあり、熟成感のあるタイプ。果実のぱっつりした新鮮さより、少しまろやかで熟成感の出たものが好きな方には、手頃に買える掘り出し物といえるでしょう。

IMG_9918

国産ワインにありがちな、果実味不足、青さはこのワインにはほぼ感じません。比較的雨が少なく、温暖な気候が作用しているようです。
ただ、ベネディクシオンブラン(白)を昨年の日本ワイン祭り秋に試したときは、若干若い印象、閉じて飲みにくい部分もあったので、ベネディクトのシリーズ自体は、開けるタイミング、ヴィンテージ、飲み頃を見極める必要があると言えそうです。

実際に合わせた料理
◎牛すね肉のトマト煮
〇ナスとアボカドのサラダ
マーボ豆腐
ちくわとにんじんのきんぴら

広告