秋田の酒利き酒会

秋田の酒を楽しむ会、というイベントの前に行われた試飲会で、27の蔵が集結。他県からすれば、これだけたくさんの人気蔵が1つの県に集まるのは正直ずるい、というほどに酒処です。

 

蔵の特徴をなるだけ満遍なく見る為、各造り手、2,3種類ずつ試飲。特に印象に残ったものを紹介いたします。

IMG_9703
新政:現在の「秋田の酒人気」を真っ先にリードした全国屈指の人気蔵。

「山ユ改良信交」:華やかですっきりドライ。フローラルなアロマに溢れます。日本酒というよりはワイン。例えるならイタリアのヴェルディッキオの様な、緑がかり、みずみずしいクリーンな酒質です。今まで飲んだどんな日本酒とも違うタイプです。
「見えざるピンクのユニコーン」(貴醸酒):こちらはうって替わってメロンやフルーツのシロップのような、甘くとろみがあり、酸も華やかな、広がりのある味わいです。これもどこの貴醸酒とも、全くタイプが違い、ほぼデザートワインです。
出羽鶴:「やまとしずく 純米大吟醸」:華やかでボリュームがあり、全体的にまとまっていて好印象です。
刈穂:「純米吟醸生 春 Kawasemi」:切れ、辛さ、すっきりとした印象。飲み心地良く洗練され、澄んだ印象の新酒です。
ゆきの美人:「純米大吟醸」:透明感があり口当たり滑らか、非常に飲み心地の良いお酒です。美人という名前の銘柄は全国いろいろありますが、やはりどれも繊細で女性的、酸の細やかさに共通点があるような気がします。

IMG_9715
山本:先日の記事にも書きましたが、ここも人気の蔵。

「ピュアブラック」:濃度とろみがあり、雪解け水のようなさらりとした口当たりと滑らかさ。ゆったりと幅があり、くすぐるような、細やかでメリハリのある酸が特徴。これも他のどの銘柄とも違う、飛びぬけた個性を持ったお酒といえそうです。
銀鱗:「山廃純米吟醸ぎんりん」:透明感があり、軽く伸びやか、コンパクトにまとまっており細やかな酸味。山廃の中ではクセが少なく、場面を選ばず愉しめそうです。
阿櫻:「特別純米 無濾過生原酒 中取り限定品」:原酒好きとしてはたまらない。とろみ、酸、甘さ、リッチな厚みを中心に感じます。上質ないつまでも飲んでいたい、甘やかな味わいはクセになること間違いありません。

IMG_9712
まんさくの花:こちらも人気銘柄。受賞暦も多数。

「純米大吟醸 まんさくの花 山田錦45」緩やかでしっとりとした華やかさ、まとまり、落ち着き。ほっと安心できる優しいタッチです。ワイングラスで味わっても楽しめるでしょう。非常に口当たりの良いです。
千代緑:今回味わった中では最も印象的な銘柄でした。酒米シリーズのラベルの華やかさ、見た目のキャッチも特徴です。

IMG_9710

「蔵付母仕込 美山錦」非常に華やかでゴージャス、アロマティックでとろみ、優しさを感じます。飲み疲れない、ゆったりとして、力の抜け具合が心地よいお酒です。

「SP」華やかで、しっとり、きれいな酒質を感じます。これも、ワイングラスで楽しめそう。酵母の力を全面に引き出していることを、その厚みある華やかな香りから読み解くことができます。
秋田晴:「純米吟醸 酔楽天 原酒」。すっきりとしてとろみがあり、後口にやや辛味を感じる。アクセントと共にまとまりがあり、食中酒として活躍しそうです。
天の戸:「美稲八〇 生酒」。フルーティーで丸みのある味わい。たっぷりとふくよかな口当たり。丸みを帯び、艶やかで食前酒としても、またしっかりとした料理にも合わせられそうです。

IMG_9705
春霞:「赤ラベル」ピュアで雑味が少なく、ストレートな優等生。後半に伸びがあり、それがアクセントとなり、個性もしっかりある、非常にバランスの良いお酒だと思います。

IMG_9706
「緑ラベル」中心が引き締まり、こちらも後半に伸びがあります。赤ラベルよりややすっきり、さっぱりとして飲み疲れないでしょう。こちらも均整のとれた、レベルの高い酒だと思います。
雪の茅舎:「秘伝山廃 生酒」心地よさ、伸び、柔らかさ。旨みも適度に乗る。ボリュームが出来すぎないよう、酸も主適度な柔らかさがあり、これも飲み続けて居たくなる。

 

千代緑、阿櫻、春霞、天の戸等は、特に良い銘柄と思いましたので、今後も注目して追いかけたいと思います。

広告