口当たりはやや甘め、柔らかさを感じますが、後半にキレがあり、厚みを感じます。「飲めばわかる」のラベルが目に飛び込んできます。ラベル横の説明書きの通り、華やかさだけでなく、ボリューム、しっかりとコクがあり、食事を支える芯があります。逆説的に大吟醸というより純米吟醸に感じる力強さがあります。蔵元さんの狙い、主張が上手く表現されたラベルで面白いですね。

img_9665

ちなみに、この蔵、山本合名会社では「ど辛」「どPINK」なる商品もリリースしています。

基本的食事はどんなものにも合うとは思います。しっかりといって山廃や原酒のようなどっしり感やとろみ、というところまではありませんので、一般的な酒のつまみ、塩味の強いもの、スパイシーなものなどに相性が良いと思います。

ワイングラスで飲むとよりフルーティーな香りが増し、流れ、飲み口に滑らかさも加わるので、お奨めできます。もちろんぐい飲みでもバランスよく、気分で酒器も選べる万能型です。

元来日本酒好きの方が、「飲みたい」というときの晩酌で、期待に応えられる安定感ある一本です。

 

 

実際に合わせたもの

◎ホタルイカの沖漬け

すぐきの漬物 しょうが風味

新玉ねぎとキウイのサラダ

○スパイシーきゅうり漬

山本合名会社

広告